SELL GUIDE売却ガイド

物件情報の囲い込みについて

売主様の利益を損なう「物件情報の囲い込み」が問題になっています!

物件情報の囲い込み残念ながら現在の不動産業界には、マンション売却に関連する大きな問題が存在します。
売却を依頼したお客様の利益を損ねる重大な問題ですが、実態がはっきり見えないこともあり、
知らない方も多いのではないでしょうか。

マンション売却において、最も重要な問題。
それは、「物件情報の囲い込み」です。

通常、売却依頼を受けた不動産会社は、物件情報を一定期間内に
不動産流通機構「レインズ」に登録することが法律で義務付けられています。
レインズに登録された物件情報は、原則として、すべての不動産会社に公開されることになります。
全国の不動産会社が営業活動やプロモーション活動を行ってお客様を探してくれるので、
」早期売却のチャンスが広がることになるのです。

しかし、一部の不動産会社はレインズを意図的に活用せず、物件情報を自社だけで囲い込み、
売主様から早期売却のチャンスを奪っているという実態が存在します。
なぜ、そんなことをするのでしょうか。

レインズに物件情報を登録すると、全国の様々な不動産会社が買主を探してくることになります。
そうすると必然的に、売主・買主双方から仲介手数料をもらえる
「両手取引」のチャンスが少なくなってしまうのです。

一般的な感覚からするとお客様の利益を最優先に考えるのが“正しい姿”だと思いますが、
マンション売却の現場では過剰な営業ノルマを課される営業担当者が多く、
お客様の利益よりも自分の営業成績を優先する傾向が確実に存在しているのです。

物件情報の囲い込み」には3つのパターンがあります!

では、実際に行われている「物件情報の囲い込み」の方法を見てみましょう。

パターン1レインズ登録して、すぐに削除

レインズに登録すると物件番号が決定しますので、
売主様はレインズ番号が記載された「登録完了通知書」を受け取ることになります。
しかし、このときにはすでにレインズから物件情報は削除されているのです。
登録直後に削除されていても確認する術はありません。
一般のお客様はレインズを直接閲覧することができない仕組みになっているからです。

パターン2レインズ登録しても広告不可

レインズに登録されている物件には、広告不可のものが多数存在します。
「ご近所の方に知られたくないという売主からの希望により広告不可」という理屈なのですが、
これほど広告不可物件が多いことに疑問を感じざるを得ません。
しかも、物件を直接預かっている不動産会社は広告活動を行っているケースもあり、
両手取引を狙うための手口としか考えられないのです。
広告不可にすることでプロモーションの絶対量は確実に少なくなります。
結果として、売主様は早期売却のチャンスを逃してしまうことになるのです。

パターン3レインズ登録後は商談中

レインズに登録されている物件について、元請業者に確認すると商談中だと言われることが頻繁にあります。
実際に商談が入っているのであれば問題はないのですが、両手取引を優先するあまり、
他の業者には商談中と回答している可能性を否定できません。
酷い事例では、商談中を理由に購入申し込みを断られた物件が、
しばらくすると値下げされて再度売り出されているようなことさえあるのです。

このように、両手取引を優先した「物件情報の囲い込み」は、売主様の早期売却・高値売却の可能性を大きく低下させることにつながります。
結果として値下げを余儀なくさせられるケースが後を立たないことから、不動産会社選びはくれぐれも慎重にされることをお勧めいたします。

お困りの際はご相談ください。
株式会社アグロは、売主様の利益を最優先に考えます!

すでに他社で売却依頼をされている方でも、不安を感じているのであれば、弊社にお気軽にご相談ください。

  • 現在のレインズの登録状況
  • 広告掲載の可否
  • 商談状況

上記3点について、すぐに確認させていただきます。
「大手だから」 「CMを見たことがあるから」 「家の近くにあって便利だから」 といった理由で不動産会社を選んではいけません。
売主の利益を最優先に考え、情報をオープンにする会社を選択することが、マンション売却を成功に導くカギなのです。

売却の無料相談はこちらから
お電話でのご相談はこちら
お電話でのご相談はこちら

お気軽にご相談ください。
お話をうかがいお答えします。

078-381-7237
メールでのご相談はこちら
メールでのご相談はこちら

24時間受付です。クリックで
問い合わせフォームが起動します。

お問い合わせ